CentOS 7をyum-cronで自動アップデート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

yum-cronを使ってCentOSを自動でアップデートする。

執筆時の環境

  • CentOS 7.5.1804
  • yum-cron 3.4.3-158.el7.centos

構築方法

yum-cronインストール


sudo yum install yum-cron

これだけ。

yumで除外設定

カーネルまで自動アップデートして突然動かなくなると困るので、自動でアップデートしないようにする。


sudo vim /etc/yum.conf

[main]以下に次のように追加する


[main]
exclude=kernel*

(exclude=kernel* centos* xorgとすることでcentosやxorg*も更新しないようにすることが可能)

カーネルをアップデートしたいときはコメントアウトなどして設定を解除してからyum updateを実行する。

yum-cron設定


vim /etc/yum/yum-cron.conf

apply_updatesをyesにすると自動アップデートが行えるようになる。


apply_updates = no
↓
apply_updates = yes

yum-cron有効化


systemctl start yum-cron
systemctl enable yum-cron

これでyum-cronが有効になり自動アップデートできるようになるはず。
除外設定したパッケージは一切更新されないので、定期的に手動でyum.confを編集してからupdateする必要がある。

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す