Raspberry Pi (Raspbian)でFAX送受信環境を構築する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Raspberry PiのRaspbian上でFAXサーバーを動かしてFAXの送受信環境を構築する。
サーバープログラムにはHylaFAXを使用します。

必要な環境

執筆時の環境

Raspberry Pi 3にRASPBIAN JESSIE WITH PIXEL (Kernel 4.4)導入済みで、モデムはPLANEX PL-US56Kを使用しました。

設定方法

モデムのドライバを読み込む

まずvender-idとproduct-idを取得する。


lsusb
...
Bus 001 Device 004: ID 2019:ab27 PLANEX
...

今回の場合、2019がvender-idでab27がproduct-id(PLANEX PL-US56Kの場合同じになるはず)。
この値を使ってドライバを起動するために以下のように入力する。


sudo modprobe usbserial vendor=0x2019 product=0xab27

でたぶんttyUSB0として認識する。
末尾の数字は変わる場合があり、


ls -l /dev/ttyUSB*

で確認できる。

ドライバをOS起動時に自動で読み込む設定


sudo vim /etc/rc.local

rc.localのexit 0の手前に以下の行を追加する(必要に応じてvender-idとproduct-idを変更する)。


modprobe usbserial vendor=0x2019 product=0xab27

HylaFAXをインストール


sudo apt-get install hylafax-server

インストールはこれだけ。

HylaFAXの初期設定


sudo faxsetup

対話式でいろいろ聞かれるが、以下の項目以外はデフォルト(何も入力せずEnter)でOK
Serial port that modem is connected to [ttyS0]? ttyUSB0(モデムのデバイス名)
Country code [1]? 81(国番号: 日本は81)
Area code [415]? 3(頭の0を除いた市外局番: 東京[03]の場合3)
Phone number of fax modem [+1.999.555.1212]? +81.3.0000.0000(FAXの電話番号)
Local identification string (for TSI/CIG) ["NothingSetup"]? "Name"(送信者の名前)
Long distance dialing prefix [1]? 0(国内電話発信番号: 日本の場合0)
International dialing prefix [010]? 010(国際電話発信番号: 日本の場合010)
Rings to wait before answering [1]? 10(電話を受けるまでのコール数)
Tag line format string ["From %%l|%c|Page %%P of %%T"]? "From\ %%l|%F\ %T\ %Z|Page\ %%P\ of\ %%T"(FAX最上部のフォーマット: デフォルトだと日本語の時刻が文字化けするため厳密に定義する)

※もし入力を間違えた場合
The non-default server configuration parameters are:(デフォルト以外のパラメータ一覧)
で確認できるので直後の
Are these ok [yes]?
にnoと入力すれば再度入力できる。

Do you want to run faxaddmodem to configure another modem [yes]? no(yesにするとさらに別のモデムを設定する)

いったんrebootコマンドなどでOSを再起動。

用紙サイズの設定を確認する。


vim /etc/hylafax/pagesizes

default                 A4      9921    14031   9255    13207   472     345

となっていればOK

Fax用のユーザーを作成する。


sudo faxadduser -p [パスワード] [ユーザー名]

FAX送信テスト


sendfax -n -d [送信先電話番号] [送信ファイル(txtやpdfなど)]

これでFAXが送信されるはず。

メール通知設定

Faxを受信したら自動でメールにpdfを添付して送信するように設定する。
Raspberry Piからメールが送信できるようになっている必要がある。 [Gmailサーバーをリレーしてメール送信できるように設定する方法]


sudo vim /var/spool/hylafax/etc/FaxDispatch

FILETYPE=pdf;
SENDTO=[送信先メールアドレス];
FROMADDR=[送信元メールアドレス];

まとめ

これでFaxのメールでの受信と、クライアントソフトを使用するかRaspberry PiのコマンドラインからFaxを送信できるようになります。
次の記事で、メールを送信するだけでFaxを送信できるようにしました。

追記

/etc/hylafax/config.ttyUSB0(モデム名) にあるファイルを編集すると設定が変更できる。

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す