CentOS 7(さくらVPS)にMongoDB構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

CentOS 7にMongoDB 3.4を構築する方法メモ

MongoDBリポジトリ追加


vim /etc/yum.repos.d/mongodb-org-3.4.repo

[mongodb-org-3.4]
name=MongoDB Repository
baseurl=https://repo.mongodb.org/yum/redhat/$releasever/mongodb-org/3.4/x86_64/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://www.mongodb.org/static/pgp/server-3.4.asc

MongoDBをインストール


yum install mongodb-org

MongoDBサーバーを起動


systemctl start mongod.service

ユーザー認証有効化

ユーザーはデータベースごとに作成、adminデータベースで作成すると管理者

管理ユーザーを作成


mongo
use admin
db.createUser({
    user: '[ユーザー名]',
    pwd: '[パスワード]',
    roles: [{
        role: 'userAdminAnyDatabase',
        db: 'admin'
    }]
})
exit

MongoDBサーバーを停止


systemctl stop mongod.service

認証モードを有効化


vim /etc/mongod.conf

#security:
↓
security:
  authorization: enabled
  • MongoDBサーバーを起動

systemctl start mongod.service

Mongoシェルにadminユーザーでログイン


mongo
db.auth("[ユーザ名]","[パスワード]")
# 1と返ってきたら成功

通常ユーザーを作成


use [データベース名]
db.createUser({
    user: '[ユーザー名]',
    pwd: '[パスワード]',
    roles: [{
        role: 'readWrite',  # readWriteで読み書き可、readで読み取り専用
        db: '[データベース名]'
    }]
})

自動起動を有効化


systemctl enable mongod.service

参考

脚注

この記事は、http://qiita.com/Ayame/items/2042fc3a04f5cfed749eの加筆修正版です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す