CarthageでSwiftライブラリをコンパイルしてプロジェクトで使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Carthageでライブラリをコンパイルしてframeworkを作り、XCodeで使用する方法メモ

HomebrewでCarthageをインストール


brew install carthage

Cartfile作成

Cartfileという使用したいライブラリを記述したテキストファイルを作成する。


cd [XCodeプロジェクトのディレクトリ]
vim Cartfile

github "[ライブラリのgithubユーザー名]/[ライブラリ名]"

ライブラリをビルド


carthage update --platform [プラットフォーム名]

プラットフォーム名は iOS / macOS / watchOS / tvOS など
–platformオプションをなしにするとすべてのプラットフォーム用にビルドされる

XCodeプロジェクトにライブラリを追加

  1. プロジェクトプロパティのGeneralタブにある、Linked Frameworks and Libraryの「+」ボタンをクリック
  2. Framework選択画面でAdd Other…をクリック
  3. プロジェクトディレクトリの中にあるCarthage/Build/[プラットフォーム名] を選択し、それぞれのライブラリの.frameworkファイルを選択し開く
  4. Build Phasesタブの「+」ボタンをクリックし、New Run Script Phaseをクリック
  5. 追加されたRun ScriptのShellの下にある黒い場所に以下のコマンドを入力

/usr/local/bin/carthage copy-frameworks
  1. Input Filesの「+」ボタンをクリックし、以下のようにframeworkファイルの場所を入力
    $(SRCROOT)/Carthage/Build/[プラットフォーム名]/[ライブラリ名].framework

これで、コードに以下のように記述することで使用できる。


Import [ライブラリ名]

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す